【秋のアレルギー、秋バテにご注意くださいね!】

さくら鍼灸院

06-4701-1717

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13

診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

【秋のアレルギー、秋バテにご注意くださいね!】

アレルギー・花粉症・鼻炎,院内ブログ

2019/10/01 【秋のアレルギー、秋バテにご注意くださいね!】

 

10月に入ったのに32度まで気温が上がり暑い毎日が続いています。

それでも青空と、うろこ雲のきれいな清々しい秋晴れには癒されます。

 

 

日中は30度を超えてエアコンなしでは汗がタラタラの今日でした。

なんと珍しく、熱帯夜で10月がスタートしました。

 

9月の初めは気温が急に下がり、風邪を引いたり、お腹を壊したりと体調を崩す方が増えたので、

今週半ばから、気温が下がる時には要注意ですね。

 

夏の疲れから秋のアレルギーが出始めてきたり、秋バテが出るころです。

蕁麻疹、鼻炎、アトピー性皮膚炎なども出てきやすい季節です。


   

外気より室内の方が蒸し暑いため、窓を開けて眠ると朝方に身体が冷えてしまい、喉に痛みが出ててしまうこともあります。
  
喉の違和感と鼻水がでたら、手首の「外関(がいかん)」や「三陰交」にお灸をしてみると良いですよ。
  
特に手首、足首や側腹部、腰回り、お腹をが冷えてないか時々チェックしてみてください。

寒暖の差が出て、台風や長雨で湿度が上がると、腰痛や膝痛等の関節痛も出やすくなります。

夏に冷たい物を摂りすぎたり、エアコンで身体が冷えている方は特にアレルギーにご注意ください。

秋のアレルギーや蕁麻疹、鼻炎などが出やすい方は、湯船に使ったりして身体を温めていってくださいね。



お腹を触ると冷たい方が多いです。
そう、内臓が冷えています!
   
これから秋にかけては早めの冷え対策が今後の病の予防にもなります。
   
中医学の五行説で秋は金に属し、肺に関係します。
   
アレルギー症状や喘息、気管支炎、皮膚の乾燥によるアトピー性皮膚炎などが出やすくなる季節ですので、甲殻類や刺激物は避けましょう!
   

寒邪は足の裏や足首、手首から入ってきますので、ひやっとしたらご注意を!
  
裸足にサンダルの方はそろそろ靴下を履いた方がいいですね。
  
今日来られた二人の中学生は、ミニスカートと短パンでした。

涼しくなってきたので膝から下はとても冷えています。
   
身体がだるく、胃腸が弱い場合は特に冷やさないように工夫してみてくださいね。

 

 

アレルギー疾患

内臓の症状

 

 

 

電話番号 06-4701-1717
住所 〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13
営業時間 9:00~19:30
定休日 完全予約制

TOP