【めまい、たちくらみ、食欲不振で朝が弱い方の原因は腎と脾の弱り】

さくら鍼灸院

06-4701-1717

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13

診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

【めまい、たちくらみ、食欲不振で朝が弱い方の原因は腎と脾の弱り】

起立性調節障害・不登校,胃痛・消化器の不調,院内ブログ

2019/10/01 【めまい、たちくらみ、食欲不振で朝が弱い方の原因は腎と脾の弱り】

 

小学生から高校生まで来てくれていたMくん!

カルテをみると3月7日がお誕生日でした!

さくら鍼灸院の開業記念日と同じ日!

 

その日が二十歳のお誕生日でした。

なんとおめでた~い!!!!!!

 

もう、この時点で治る気しかしない。(笑)

 

主訴は朝ご飯が食べたくない、空腹感があまりない消化器症状と以前からひどかった立ちくらみでした。

蕁麻疹もでていたようです。

 

2月は緊張する場面が多かったため、月初から吐き下しの胃腸炎や下痢、腹痛が続き、かなり体調を崩しておられたようです。インフルエンザや胃腸炎が流行っていた時期ですね。

 

もともと、斜位や頭痛、肩こりがひどかったのですが、その症状はかなり軽減していました。

 

真面目な彼はいろいろと以前に伝えた養生を覚えていて気をつけていたようですが、この冬は体調も悪くなかったため湯船に浸からずシャワーですませていたようです。

ちょっと油断しましたね、、。

 

上半身にいつも症状が出やすい方は腎虚といって、下半身のエネルギーが不足がベースにある場合が多いのですが、彼はお風呂上りに上半身が赤くなりやすく、蕁麻疹が出ることも多かったようです。

 

蕁麻疹はアレルギー疾患ですが風熱、風寒、風湿、気血の虚などが原因となって起こると考えられています。

上半身に赤味のある蕁麻疹が出たのは熱が上に上昇しやすくなったためと考えられます。

 

日頃からのぼせやすく、お風呂の後で汗が止まりにくい方は長風呂は必要ないのですが、湯船で5分でも温まってもらう方が良いと思います。

 

食欲がないのは朝のスクランブルエッグとソーセージを炒める油のにおいが嫌なことと、空腹感もないため食べるまでに時間がかかり、お味噌汁やごはんなど1時間以上かけて食べることが多いそうです。

 

昼は少しのパンだけで、夜ご飯の前にもお腹が空かず、間食もせずという状態なのでお母さんが心配されたんでしょうね。

 

めまいやたちくらみは数えれないくらい多いようですが、彼の場合は腎虚体質や脾虚が原因で起こるめまい、たちくらみと考えられます。

考えすぎや悩み過ぎ、運動不足も消化器の働きを弱らせてしまうので、今日からは体調を戻していけるように生活習慣を改善するアドバイスをいくつかさせていただきました。

 

消化器の弱りを立て直すいくつかのツボを使い、鍼とお灸で施術を終えました。

みぞおちと胃の詰まり感が取れて、少しスッキリされたようですが、慢性的な症状なので生活習慣を見直し、体質改善ができるようにしっかり取り組んでいただきたいと思います。

 

 


当院の想い

アレルギー疾患

 

 

**************

電話番号 06-4701-1717
住所 〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13
営業時間 9:00~19:30
定休日 完全予約制

TOP