産前・産後の不調は住吉区のさくら鍼灸院へ

さくら鍼灸院

06-4701-1717

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13

診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

産前・産後の不調は住吉区のさくら鍼灸院へ

産前・産後の不調は住吉区の鍼灸院へ

産前・産後のお悩みに鍼灸という選択肢があります

妊娠中の不調では妊婦さんは積極的に薬を飲むことはできません。

辛い痛みや風邪をひいても鎮痛剤や抗生剤を飲めない場合、からだに負担のない鍼灸という選択肢があります。

また、つわりも施術することで楽になり、逆子にもお灸が期待ができます。

産後すぐに動き回ったり、家事をしすぎたりすると、産後の肥立ちが悪くなったり、また、数年後や更年期の時期に体調を崩しやすくなったりします。

出産前にはできるだけ、手助けをしてもらえる環境を作っておくことも、とても大切です。

妊娠中のお悩みや産後の不調に鍼灸の施術をお受けいただいた患者様の声や症状の解説に関しては、各ページをご覧ください。

タイトルをクリックしていただくと、各ページに変わります。

・よだれづわり(悪阻)でお悩みの方へ

・つわり(妊娠悪阻)の症状でお困りの妊婦さんへ

・逆子でお困りの方へ、逆子治療をお試しください

・逆子にはお灸を!!

患者様の声・症状ブログ

女性特有の症状でお悩みの方は、住吉区のさくら鍼灸院へ

多くの女性が帝王切開や婦人科のオペで、からだにメスを入れてしまうことをとても残念に思っています。

私自身、危うく第一子を出産の時にアメリカで帝王切開になるところでした。

しかも、妊娠がわかって1週間もしないうちに、

まったくなかった卵巣に15センチほどの膿腫妊娠12週目表れ摘出オペをしたのです。

9678a4c08626bd1105cbe13abab5b606-640x696

やっと、授かった子供に麻酔の影響はないのか?

腫瘍は悪性ではないのか?

とても、心配でした。

影響はないと言われた痛みどめの薬も飲まず痛みに耐えて夜を過ごしました。

とても元気な娘が誕生したときは、心底ホッとしました。


妊娠までを振り返れば、いろんな原因が考えられました。

知っていれば病気にならずにすんだのにと、悔やまれますが、

自分の経験がこれからの若い女性たちの力になればと思います。

女性鍼灸師があなたの疑問にお応えします!

是非トップページもご覧くださいね。⇒ こちら!

CONTACT US

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13
診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

06-4701-1717

問診票に記入する手元

TOP