つわりやよだれづわり(悪阻)でお悩みの方へ

さくら鍼灸院

06-4701-1717

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13

診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

つわりやよだれづわり(悪阻)でお悩みの方へ

b883b36687b0557950efdfb39f8a1c40

よだれづわりの悩み

唾液過多症とは

年末からご来院の方は妊娠初期からよだれづわりでお悩みでした。

足の冷え、臀部、腹部の冷えもあり、食事も摂れていない状態で来院されました。

8cf51ae0d44885aaec64beba699c0845

妊娠中に大量のよだれが出てしまう「よだれつわり」は、あまり聞いたことがない症状かも知れませんね。

正式には「唾液過多症」と呼ばれる病気の一種です。

普通の唾液過多症の原因は、胃腸の弱りや自律神経の乱れが主な原因と言われますが、「よだれつわり」は、妊娠中に起こる症状で出産後は治まります。

それでも、ペットボトルに吐きながら仕事や家事をしたり、唾をのみ込み続けたら吐き気が出たり、夜も唾液が出て眠れないくらいひどい症状だと本当につらいですよね。

中医学では腎の弱りや脾の弱りも大きな原因となっています。

また、上実下虚といって、下半身の気が不足がちな方に多くみられるようです。

この方は普段から辛い物や甘いものをよく食べられていたため、消化器が弱っていました。

熱が上にあがってしまい、普通は尿で排出されるはずの水が上にあがってしまい、唾液づわりの原因の一つとなったようです。


来院された患者さまには、お灸や鍼で上下のバランスを整えて、自宅での温灸をおススメしました。湧泉や三陰交など脾腎の弱りを整えるツボに毎日温灸をしてもらい、順調にお仕事に復帰されることができました。

食べれなかった食事も摂れるようになり、赤ちゃんも問題なく大きくなってきています。

治りにくいよだれづわりもあきらめずにご相談くださいね。

女性特有の症状でお悩みの方は、住吉区のさくら鍼灸院へ

多くの女性が帝王切開や婦人科のオペで、からだにメスを入れてしまうことをとても残念に思っています。

私自身、危うく第一子を出産の時にアメリカで帝王切開になるところでした。

しかも、妊娠がわかって1週間もしないうちに、

まったくなかった卵巣に15センチほどの膿腫妊娠12週目表れ摘出オペをしたのです。

9678a4c08626bd1105cbe13abab5b606-640x696

やっと、授かった子供に麻酔の影響はないのか?

腫瘍は悪性ではないのか?

とても、心配でした。

影響はないと言われた痛みどめの薬も飲まず痛みに耐えて夜を過ごしました。

とても元気な娘が誕生したときは、心底ホッとしました。


妊娠までを振り返れば、いろんな原因が考えられました。

知っていれば病気にならずにすんだのにと、悔やまれますが、

自分の経験がこれからの若い女性たちの力になればと思います。

女性鍼灸師があなたの疑問にお応えします!

是非トップページもご覧くださいね。⇒ こちら!

CONTACT US

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13
診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

06-4701-1717

問診票に記入する手元

TOP