【腰痛の原因は驚いたことに〇〇でした!胃腸の弱りと腰痛】住吉区の高校生

さくら鍼灸院

06-4701-1717

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13

診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

【腰痛の原因は驚いたことに〇〇でした!胃腸の弱りと腰痛】住吉区の高校生

腰痛・下半身の症状,院内ブログ

2018/12/18 【腰痛の原因は驚いたことに〇〇でした!胃腸の弱りと腰痛】住吉区の高校生

 

【腰痛の原因は驚いたことに〇〇でした!胃腸の弱りと腰痛】

 

大阪市住吉区から高校三年生の受験を間近に控えたTくんが来られました。

小児はりで来られていたので10年ぶりくらい!

175センチと長身になって、すっかり男らしく成長されていました。

 

階段を下りる時に突然痛みが出たり、顔を洗う姿勢が痛みでつらかったり、普段は気にならない腰の痛みにお母さんも心配そうでした。

 

少し問診をしていくと、気になるコトがありました。

 

朝に便が出ないとスッキリしなくて嫌なので、秋からは1日2Lの常温のほうじ茶や水を飲むようにしたそうです。

 

冷たい飲み物でないのは良かったのですが、喉が渇いて飲むというよりは、翌日に便を出すために必死で飲んでいたようです。

 

見た目は水が溜まっていないので、当然しっかりと排出されています。

尿か便か、鼻水、涙、汗でしか排出はできないですよね。

 

朝に排便はできるようになったものの、胃や腸の腹痛をともなう軟便や下痢になっていたようです。

また、排尿回数は10回ほどと、通常の2倍に増えていました。

 

これと腰痛がどう関係があるか、わかりますか?

 

背中のツボを診ると、片側の胃のツボが凹んでいたり、腎臓のツボが硬くなっていました。

上半身は熱がこもり、下半身は冷え切っています。

 

上下と左右のバランスが崩れ、腰痛を引き起こしたようです。

痛みは命門という、腎臓の大切なツボに出ていました。

 

上半身に熱がこもると顔面部に熱がこもり喉の渇きもきつくなります。

 

甘いお菓子と、味の濃い料理を好んで食べておられたので、少し食べ物にも気をつけていただくことにしました。

 

腰痛の原因は骨盤の歪みや筋肉の硬さなども関係しますが、実は内臓が弱ることでその臓器の経絡上の筋肉にひずみが出て、背骨が歪み、骨盤が歪んでしまうことが多いようです。

血行不良や鬱血などが起こり、それが原因となって痛みが出てしまいます。

 

根本治療を心がけていると、その奥にある感情や心の部分も関係していることが良くわかりますが、今日は長くなるのでこのあたりで!

 

 

▼【美容鍼は自律神経、鬱や不眠の方もオススメ!】 こちら

▼【妊娠中の股関節の痛み、坐骨神経痛の原因】 こちら

 

***************

休診のお知らせ

12月21日(金)、22日(土)、31(月)はおやすみです。

24日(祝)は午前診療しております。

***************

腰痛・下半身の症状

 

 

電話番号 06-4701-1717
住所 〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13
営業時間 9:00~19:30
定休日 完全予約制

TOP