【タイプ別猛暑の過ごし方& 8月の休診日のお知らせ】

さくら鍼灸院

06-4701-1717

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13

診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

【タイプ別猛暑の過ごし方& 8月の休診日のお知らせ】

ニュース

2019/07/31 【タイプ別猛暑の過ごし方& 8月の休診日のお知らせ】

暑い猛暑日が続いていますね。

昨日も(←4日連続だけ)朝7時半から太極拳を1時間練習しました。

いや、汗かいたあとはスッキリという年齢でもないせいか、少しぐったり(笑)

鍛えられてる感はめちゃありますので、がんばります。

気温は今日は34度、明日は35度まで上がりそうです。

 

【8月の休診日】
8月12日(祝)、21日(水)25日(土)、26日(日)は休診です。

お盆期間のご予約はお早目にお願いいたします~!お気軽にご連絡くださいね。

  

外で過ごす時間が長い方は熱中症に気をつけてこまめに水分補給をしてくださいね。

ただし、ぽっちゃり型の方で汗をかかず、トイレの回数も少ないタイプの方が寝る前に水分を摂りすぎると顔や手足がむくんでしまいます。

   

更年期の方は特に、冷房をつけずに汗をかきすぎるのも良くないのですが、

夏なのに冷房の部屋に一日中いて汗をほとんどかかないのも問題です。

   

汗をかかない方は早朝か夕方のお散歩、まは湯船に浸かって身体を温めてくださいね。

  

もともと痩せ型で身体に水が溜まっていない方は、身体を冷やせず熱が籠ってしまいがちなので、意識して水分補給をされると良いでしょう。

   

家族と自分の体質も違うため、一緒に過ごしたり寝室が同じ場合は室温調節が難しいですね。

  

暑がりの方と一緒の場合は、服装や布団をかぶるなど冷えすぎない工夫がいります。

寒がりの方と一緒で部屋が暑い場合は、アイスノンを頭のてっぺんに乗せて冷やしたり半袖、半ズボン、はだしでもOKです(笑)。

   

外で日光に当たった日は、内熱が籠っているため身体を冷やし、夏野菜や果物、夏メニューがいいでしょうね。

   

自分がどのタイプかを知り、その日の過ごし方や体調によって、自分の身体を観察する目をもっていただくと良いかと思います。

   

先日来られた逆子の妊婦さんからいただいた口コミをコラムにしました。

お近くにお困りの妊婦さんがおられましたらご紹介くださいね!

  

【逆子にはお灸がいいよと医師のおススメでご来院!戻りました!】
  ↓↓↓

【逆子にはお灸がいいよと医師のおススメでご来院!戻りました!】

 

  

「しんきゅうコンパスの口コミはこちら」
  ↓↓↓
 こちらからご覧になれます

 

  

夏風邪などひかれないように、適度に運動をしながら元気にお過ごしくださいね!!

 

当院の想い

 

 

電話番号 06-4701-1717
住所 〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13
営業時間 9:00~19:30
定休日 完全予約制

TOP