花粉症がカフェインで悪化!住吉区のさくら鍼灸院

さくら鍼灸院

06-4701-1717

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13

診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

花粉症がカフェインで悪化!住吉区のさくら鍼灸院

アレルギー・花粉症・鼻炎,院内ブログ

2017/03/15 花粉症がカフェインで悪化!住吉区のさくら鍼灸院

 

花粉症の患者さんにはカフェインをとり過ぎないようにと言いながら、

好きなコーヒーを毎朝飲んでる鍼灸師のKayamiです!

ホームページの追加作成など寝不足気味で足も冷え気味、花粉症を勃発させる要因を十分に備えているので、

この時期を密かに恐れてましたが、。。

今朝は目のかゆみと鼻水、喉のイガイガ全部がやってきました。

布団から手首が出ていて、冷えたのも良くなかったですね。
スグに手足を温め、手首に鍼とお灸をして、何とかおさまりました。

それでも、コーヒーを飲みたくて、患者さんがおすすめの堺の利休の杜にあるスタバに来てみたら、

メニューにしっかりあるやないですか!!!

 

 

ディカフェのコーヒー、ラテまで!

 

30年前、若い頃に4年ほどアメリカにいた私は、ディカフェコーヒーのインスタントやコーヒー豆がスーパーにたくさんあるのを見ていたので、なぜ、日本では少ないのか疑問に感じてました。

 

 

カフェインが花粉症に良くないともあまり知られてないようですし、コーヒーの良さだけが伝わってるので、

業界の売り込みが強いだけなのかと。

 

ひどい症状が出たものの、鍼灸のプロとしては、(笑)

 

私はアレルギーの薬は飲まずに、自然治癒力を上げて治したいですね。

(そんなら、さっさと上げておけ!という感じですが)

身体がアレルギー反応を起こしているのは、大切な身体からのサインなので、薬で症状を抑えすぎてしまうの、怖いなと感じています。

日常生活に支障をきたすほどの症状を楽にしてくれる薬はありがたくもありますが、時には立ち止まって身体も心も休めないといけませんね!

 

★★★花粉症については、こちらの記事を!

TOP