逆子の32週目妊婦さん、骨盤位から正常位に戻りました。

さくら鍼灸院

06-4701-1717

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13

診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

逆子の32週目妊婦さん、骨盤位から正常位に戻りました。

安産鍼灸・逆子,院内ブログ

2019/12/01 逆子の32週目妊婦さん、骨盤位から正常位に戻りました。

喉の痛みや咳、鼻水の症状が出て、来院される方が増えてきました。

日中が暖かいと油断してしまいますが、朝夕は冷えるので気をつけましょう。


防寒のためにカイロや電気毛布、湯たんぽやホットカーペットなど

必要に応じて使ってくださいね。

毎晩のお灸の習慣や貼るお灸の太陽もお試しください。
加湿器などで湿度にも気をつけたいですね。

38歳、32週の妊婦さんから逆子が戻ったと連絡がありました!

 

お灸最強です!

女性にとって命がけの妊娠や出産がスムーズにいくように、

これからもしっかりと勉強をし、お手伝いしていきたいと思います!

妊活中の方はこの時期からは特に下半身を冷やさないように

工夫してみてくださいね。
妊活のご相談はいつでも気軽にご相談ください。
お灸で妊活という冊子もお渡しします。

先日は嬉しいことに20代の患者さんが連続で来られました。

1人目は24歳の明るい妊婦さん。32週で逆子の診断をされ、

院からの紹介で来院。
手足はあったかいですと元気よく言ってたのに、かなり冷たい足と

お腹でした。

動き回りたい気持ちを抑えて、安静にしてくださると良いのですが。


私も若い時は自分の足が冷えていることなんてちっとも気にならず

助産師さんに薄着を怒られました。
なぎなたは真冬でも素足、半袖で稽古をするため、

冷えに関しては本当に無頓着でした。

元気な学生さんは、顎関節症や腰痛、仙骨痛、めまいなどの既往歴もあり原因がわからず来院されました。
目標達成能力が高い方は自分が不調でも無理ができちゃいます。

みや不調を消してしまえるほど集中力が発揮されるので、

と気持ちが緩んだ時にどっと症状が悪化してしまいます。

3人目は看護大学の四年生。女子野球をするほど活発な方ですが

骨神経痛が半年前からひどくて来院されました。
1年前にふくらはぎを打撲した時の傷が深かったため、

周囲の皮膚が硬くなっていました。

それに加えて冷え性なのに夏は短い靴下やサンダルを履き、

足はキンキンに冷えていて、臀部も冷えているため、

坐骨神経痛がさらに悪化したようです。

どんな症状も原因がわからないと対処方が分からず困ってしまいます。

でも、問診をしていくと必ずその原因が見えてきます。
原因がわかれば悪化しないために、良くなるためにどうすれば良いのかを考えることができます。


日光の美しい紅葉の写真を友人からいただきました!
では、良い週末をお過ごしください!

*********
診療のお知らせ
12月17日(火)、22日(日)、23日(月)、31日(火)は休診です。
*********

 

鍼灸院が初めての方へ

 

大阪市住吉区のさくら鍼灸院【逆子でお困りの方へ】

 

 

電話番号 06-4701-1717
住所 〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13
営業時間 9:00~19:30
定休日 完全予約制

TOP