【二十四節気「啓蟄」&花粉症の原因と対策】

さくら鍼灸院

06-4701-1717

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13

診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

【二十四節気「啓蟄」&花粉症の原因と対策】

アレルギー・花粉症・鼻炎,院内ブログ

2019/03/06 【二十四節気「啓蟄」&花粉症の原因と対策】

今日は二十四節気の【啓蟄】です。

 

朝夕の気温差があり、温かいと思ったらヒヤッとしたり、上半身は暑くても足は冷えてしいたり、服装で体温調節が必要な時期ですね

花粉症に悩まされる方は辛い時期に入ってきましたね。

 

コーヒーが好きな私もカフェインレスに変えたり青汁を飲んだりしていますが、目にかゆみが出てきました~。

 

冬から対策をしておかないといけませんね!直前に変えても間に合わないのはよくわかります!

 

睡眠不足や過労、冬に下半身が冷えていた方やスマホやパソコンで頭や目を使いすぎている方は特に花粉症の症状がきつくなりやすいので要注意です。

仕事の後はできるだけリラックスできる環境を作ってゆったりした時間を作るといいですね~。

 

 

春は五行では「肝」の季節です。
自然界のエネルギーは上へ上へと上昇するため木の芽もどんどん伸びていきます。

 

下半身のエネルギーが弱い方(腎虚や脾虚の方)は身体にある熱も水も気の上昇とともに一気に上にあがるため、肩こり、首こりや目の充血、鼻水がひどくなってしまいます。

 

朝起きて、ヒヤッと寒気を感じたらくしゃみをすることはありませんか?

 

温かくなったとはいえ、靴下やスリッパ、一枚上着を羽織るなどの冷え対策をするとマシになることもあります。

目やのどのかゆみ、鼻水や頭重感でお悩みの時、お薬が苦手な場合はぜひ鍼灸をお試しくださいね。

 

************

1月10日に出産されたAさんと桃奈ちゃんですが、前日まではお産の前触れもなく予定日超過で計画出産をされる予定でした。

前日に来院された時は足が相当冷えていましたが、施術した夜に陣痛がきて入院。

 

ここまでは良かったのですが、なぜかまだ生まれないと言われ退院することに。
その結果大変なことになってしまいました、、、。

 

つづきはこちら↓↓

・【予定日超過で来院。お灸した当日に陣痛がきました。】コラムはこちら

・アレルギーは鍼灸をお試しください! こちら

 

鍼灸院が初めての方へ

 

 

電話番号 06-4701-1717
住所 〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13
営業時間 9:00~19:30
定休日 完全予約制

TOP