【診療のお知らせー更年期対策、もっと体を鍛えよう!】

さくら鍼灸院

06-4701-1717

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13

診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

【診療のお知らせー更年期対策、もっと体を鍛えよう!】

ニュース

2019/11/19 【診療のお知らせー更年期対策、もっと体を鍛えよう!】

昨日は23度と暖かい一日でしたね。

*************

【休診のお知らせ1123日(土)、1217日(火)、22日(日)、23日(月)

*************

11月はスポーツ大会が多く行われていて、和歌山ではねんりんピックも開催されました。

太極拳となぎなた競技の選手の方も日頃の練習に熱心に取り組まれ大会に臨まれました。

60歳を超えても運動を続けている方々は、驚くほど身体も心もお元気です。

無理をし過ぎて身体を傷めてしまうことはありますが、いくつになってもチャレンジ精神を持ち続けることがアンチエイジングの秘訣の一つであると思います。

家事が肉体労働だったひと昔前は、洗濯板で洗濯をしたり、床や窓の雑巾がけをしたり、重たい買い物かごを持って荷物を歩いて運んだりと、生活そのものの中に屈伸運動やスクワット、腕肩の筋トレになるような動きがかなり入っていました。

電化製品や交通手段の発達により、生活は便利になり、仕事の時短もできるようになりましたが、肉体労働が減ったために更年期以降に筋肉が衰え、その結果、体重増加、五十肩や腰痛、肩こりなどの不定愁訴や関節痛などを訴える人が増えてきたのは確実です。

和式のトイレが当たり前の時代には、今ほど膝や股関節を傷める方は少なかったのかもしれません。

子育てや仕事で忙しく、運動をする機会が少ない40代後半の方は特に更年期以降の健康のためにも運動の機会を増やしていってほしいですね。

 

 

うつ・パニック障害

更年期障害

TOP