二十四節気の「寒露」&10月の診療のお知らせ

さくら鍼灸院

06-4701-1717

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13

診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

二十四節気の「寒露」&10月の診療のお知らせ

ニュース

2019/10/10 二十四節気の「寒露」&10月の診療のお知らせ

 

108日は二十四節気の「寒露」でした。

 

朝夕の風が心地よくやっと涼しくなってきましたね。

10月は私の誕生月のせいかテンション上がり気味の毎日です。(笑)

もっと、健康情報も発信したいのですが、ついつい多動な性格から動き回ってしまいます。

 

坐骨神経痛やひざ痛の方、ぎっくり腰や手の痛みなど、涼しくなると関節の痛みや風邪の症状で来院される方が増えてきます。

 

初診で来られる方は驚くほど足が冷えていることが多いのですが冷えの自覚はなく、胃腸の症状やストレスにも鈍くなっているため、気がついた時にはかなり悪化していて、体が元に戻るのに時間がかかってしまいます。

 

整形外科、内科、皮膚科、心療内科などに行かれる方もその原因のほとんどがストレスと生活習慣の悪さから起因する症状だと思います。

 

どのようにストレスを解消していくのか、生活習慣の改善に取り組んでいけば良いのかを知ることが鍵ですね。

 

「未病を治す」という言葉があります。症状が出てから病気を治すのではなく、症状が出ない時から病気にならないように施すという意味です。

 

予防医学の関心が高まっていますが、本来私たちが持つ自然治癒力を高めていくことが大切ですね。

 

生活習慣病と言われるように、生活習慣を正していくことで、病気の大半は予防できるのではないかと思います。

 

病院では病気になってから、薬を処方してもらったり、オペをしますが、病名がついてからでは治るのに時間がかかってしまいます。

 

ストレスの多い生活から暴飲暴食、睡眠不足の毎日では、体の感覚が鈍くなってしまうため、体の異常に気づかず、悲鳴をあげるまで無理をし続けてしまうんですね。

 

食生活一つとっても、何をどのくらい食べているのか、1日何回、何時に食べているのか、食べる速さや量、おやつの種類や飲み物など、カウンセリングでは詳しく聞いていきます。

生活習慣の悪いところを見つけたら、それを良い習慣に変えていくことができるんですね。

 

どうか、自分の体をもっと大切に毎日を過ごしてくださいね!!

 

 

10月20日(日)は休診です。

22日(火)は診療予定です。

 

 

 

 

 

電話番号 06-4701-1717
住所 〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13
営業時間 9:00~19:30
定休日 完全予約制

TOP