【11月休診のお知らせ&風邪について】住吉区のさくら鍼灸院

さくら鍼灸院

06-4701-1717

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13

診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

【11月休診のお知らせ&風邪について】住吉区のさくら鍼灸院

ニュース

2018/11/03 【11月休診のお知らせ&風邪について】住吉区のさくら鍼灸院

さくら鍼灸院のKayamiです。

***********
【11月休診のお知らせ】
11月7日(水)、8日(木)、13日(火)、25日(日)は休診です。

その他の土日祝は診療しております。
***********

【自分の可能性を信じよ!】
添付の写真はシンクロナイズド・スイミングのオリンピックコーチ、井村雅代先生の色紙です。

高校の母校の先輩に当たる井村先生ですが、初めて講演会でお話を聞きました。

ゆとり世代の選手は宇宙人のように意志の疎通がまるでできず、かなり困難だったようですが、リオオリンピックでは銅メダルを獲得。その舞台裏のお話を聞きました。

感動秘話がたくさんあったのですが、また井村先生の「結果を出す力」については別の機会に書かせていただきます。

——————–
ここ数日、早朝の気温が10度~12度くらいまで下がりましたが、風邪などひかれていませんか?

思わず、暖房いる?って感じるくらい冷えましたが、来週の日中は24度くらいまで上がりそうですね。

先日、オーストラリアに住んでいる患者さんが帰省されましたが、南半球のオーストラリアでは気温差が20度以上のこともあり、慣れるのに大変だったようです。

急に冷え込むと、喉の痛みやイガイガ、鼻水がでてしまう方も増えてきます。

こじらせると一気に熱が出たり、寒気や胃痛、下痢などをともなう場合もありますので、体温調節などこまめに気をつけていってくださいね。

また、朝晩の冷え込みで肩、首、腰などに痛みが出る方も増えています。

手には肺、大腸、小腸、心臓などの経絡が通っていますので、風邪を引いて肺が弱ると表裏関係の大腸が弱り下痢をしやすくなります

風邪を引くと肺の経絡を通る人差し指がしびれたり、違和感を感じる方もいます。
合谷というツボがガチガチに硬くなることもあります。

鍼やお灸で風邪の初期症状を防ぐこともできますので、万病の元と言われる風邪はこじらす前に早めに対処される方がいいですね。

無理をしすぎたり、寝不足や疲れが溜まっていると免疫力が下がり、風邪をひいたり、治りにくかったりします。

そんな時は胃腸に優しい消化の良いものを食べて、しっかり休養されることをお勧めします。

頭痛や腹痛、関節痛や生理痛、更年期障害や婦人科疾患など、多くの病気や症状は冷えが原因のひとつになっています。

不調になると血液の循環がとても悪くなり、お血やむくみによりさらに循環が悪くなるという負のスパイラルが始まってしまうので要注意。

温かい服装や靴下も大切ですが、できればウオーキングや下半身の筋肉を鍛えて、体質改善することで、冷えない身体作りを目指したいですね。

私も8月から毎朝太極拳をして3カ月になりますが、下半身の筋肉が強くなり、柔軟性も以前よりずっと良くなりました。

地味にコツコツでも、継続していくことで気力や体力が増してきますね。

その他、体力つくりや健康相談は随時受け付けております。

では、良い週末をお過ごしくださいね~!!

▼【頭痛、肩こり、首こり、生理痛でお悩みの方】 

↓↓
こちら

 

 

電話番号 06-4701-1717
住所 〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13
営業時間 9:00~19:30
定休日 完全予約制

TOP