【手足の汗が気になり、冷える方の原因と対策】

さくら鍼灸院

06-4701-1717

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13

診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

【手足の汗が気になり、冷える方の原因と対策】

自律神経失調症,更年期障害,院内ブログ

2019/05/21 【手足の汗が気になり、冷える方の原因と対策】

 

晴天が続き、過ごしやすい毎日ですね。

今日は5人の来院中、3人の方が手足に

汗をかいていました。

 

実は汗がじわっと出て止まりにくい方は

消化器の弱りや気の不足が考えられます。

 

鍼が好きな小学校5年生のHちゃんは

手足の汗が気になりお母さんと来院されました。

 

鉛筆を握っても、友だちと手をつないでも

汗が出るので、自分でも悩んでいた様子。

 

原因がわからず、どこへ行って相談すれば

良いのかもわからなかったようでした。

     

普段の食生活を聞いてみると、やはり!!

おやつはチョコレートやアイスクリーム、

お風呂上りのコーラ!!

 

筋肉質でおてんばの彼女ですが、

消化器は弱り気味なのかもしれません。

 

写真の通り、鍼で熱が抜けると気持ちが良いと、

鍼が大好きな小学校5年のHちゃん。

 

冷たい物、甘い物の多食で内熱がこもり、

氷や冷たい物を摂っていたため消化器は

弱ってしまってたんですね。

 

気の不足、消化器の弱りから(気虚)も

汗腺を閉じることができなくなります。

 

言い換えれば自律神経の乱れですね。

 

発汗しているそのツボをみると、関連する経絡、

経筋、臓腑の虚を知ることができます。

 

ツボは冷たい場合が多く、左右差がある場合は

どちらの虚がきついかを確認できます。

 

発汗しているツボの範囲が広いほど、

弱りが大きいといえるようです。

 

粘り気のある汗もありますが、さらっとした

水のような汗の方が虚を表しています。

 

気虚といって、気が不足している人は

長風呂に入ると汗が止まらないことがあります。

 

お風呂の後に疲労を感じ汗が止まりにくい時は

湯船に浸かる時間を短くしてみてくださいね。

 

汗をかきすぎると血を消耗してしまうため、

多汗症の方は原因を見つけて対策を考えましょう。

 

私も以前は汗を多量にかいていました。

汗をかく方がからだに良いと思い込んでいたため、

冷房もつけずだらだら汗をかいていた時期もありました。

 

更年期の頃は少し動いても汗をたくさんかき、

シャツを着替えることが多かったのですが、

結果、腎虚や脾虚が進んでしまい、

身体の血を消耗していたんだと気づきました。

 

更年期の症状である五十肩、ばね指、手首や肘の痛み、

不眠、腰痛、頭痛なども、こういった血虚、血の不足

から瘀血で血の巡りがさらに悪くなった結果として

現れた症状だったようです。

 

   

【休診のお知らせ】

5月22日(水)、30日(木)、31(金)、6月9日(日)、10日(月)

 

電話番号 06-4701-1717
住所 〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13
営業時間 9:00~19:30
定休日 完全予約制

TOP