【二十四節気「芒種」&梅雨の時期に良い足三里のツボ】

さくら鍼灸院

06-4701-1717

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13

診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

【二十四節気「芒種」&梅雨の時期に良い足三里のツボ】

ニュース

2019/06/06 【二十四節気「芒種」&梅雨の時期に良い足三里のツボ】


今日は二十四節気の「芒種」です。
麦の収穫があり、田植えの時期がこの頃だそうです。

次第に気温も上がり、湿度が高くなってきてもうすぐ梅雨に入りますね!!

**************
9日(日)~11日(火),14日(金)は休診です。

7日(金)、8日(土)はまだ空きがありますのでご予約お待ちしております。
**************

実はこの高い湿度が身体にいろんな症状を引き起こすため、これを「湿邪」と呼んでいます。

これからはエアコンも入るため、手足や背中、脇、腰などに発汗している人は、その部分に冷気が当たり、よけいに冷えて血行が悪くなります。

これが関節や筋肉に痛みやだるさが出る原因になってしまいます。

エアコンで身体の外側を冷やし、冷たい飲み物で身体の内側も冷やすため、消化不良や下痢などのトラブルも増えてきます。

胃腸など消化器の働きが低下すると、身体全体の気、エネルギーが落ちてしまうので要注意です。

このように湿度が高くなると身体の調子が悪くなるため、この時期が苦手な人は多いですね。

関節の痛みや筋肉痛、神経痛、全身のだるさや頭重感など重だるい症状が増してきます。

肩こりも湿邪が大きく関わります。

ハワイやカリフォルニアなど乾燥している地域で肩こりやリウマチなどが少ないのは湿邪の影響がないためです。

排尿の回数が少なく、水太り、むくみがあり、身体に余分な水を溜め込んでいる人は特に要注意ですね。

甘いもの、脂っこいもの、麺類や粉物、冷たいアイスなどを摂りすぎると、この時期は特に消化器が弱りやすくなります!

瓜類、豆類など旬のものは身体の湿を出してくれるので、工夫して摂ってみてください。

軽い運動で汗をかいたり、お灸をしたりと、梅雨に備えて湿邪に負けない身体づくりをしてみてくださいね!

この時期に良いお灸のツボは足三里です!

★写真は足三里のツボ

【症状・効果 】
病気予防、体力増強以外にも足の疲れ、むくみ、胃腸の症状、膝の痛みにも万能養生のツボ。

【ツボのとり方】
ひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人さし指をおき、指幅4本そろえて小指があたっているところが足三里です。

 

《せんねん灸セルフケアの森から引用》

 

電話番号 06-4701-1717
住所 〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13
営業時間 9:00~19:30
定休日 完全予約制

TOP