「セルプヘルプの精神でがんばろう!&診療のお知らせ」

さくら鍼灸院

06-4701-1717

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13

診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

「セルプヘルプの精神でがんばろう!&診療のお知らせ」

妊活支援,院内ブログ

2020/09/30 「セルプヘルプの精神でがんばろう!&診療のお知らせ」

 

秋分に入り秋晴れの過ごしやすい毎日になってきました。

・10月4日(日)、6日(月)、7日(火)は休診です。

 

診療のご案内はこちら.

https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/2305

 

・LINEではチャットでのご相談も可能です!

ご自身やご家族の健康についてお悩みがありましたらお気軽にご連絡ください!

 

今後、政治や経済がますます不安定になっていきそうですが、私たち一人ひとりが自分自身や家族の健康を守る!という気持ちで、日々の生活習慣を見直していきましょう。

 

「自助努力の精神」を鍛えていけたらと思います。

 

「天は自ら助くる者を助く」いう有名な言葉を聞かれたことがあると思います。

 

自分を助けるってどういう意味?と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

簡単に言えば、自分自身で意思を強くもって努力をする者は、天の助けが訪れ幸福になることができる!という意味の言葉です。

 

もとは英語のことわざなんですね。

イギリスのサミュエル・スマイルズの著書『Self-Help(自助論)』(1859年)に書かれています。

 

この言葉が明治4年に『西国立志編』として中村正直に訳されて、「天は自ら助くる者を助く」が日本国内に広まったそうです。

 

有名な福沢諭吉の『学問のすすめ』とともに、明治期の日本人に大きな影響を与え、日本の発展に影響を与えたとても重要な本の一つです!

 

平和で豊かな時代が続き、こういった思想も次第に忘れられてきています。

 

戦争もない豊かな時代にも関わらず、心が貧しい人、不幸感覚が強い人が増え、自殺者が増えています。

 

日本では自殺者が毎年3万人もいますが、今年は芸能人やコロナの影響もあり、さらに増えているようです。

コロナの死者よりも圧倒的に多いという異様な現実です。

日本人の幸福度が低いことの証明であり、とても残念です。

心が病んでいくと病気や怪我も増えてきます。

犯罪も増えてきます。

なので、セルフヘルプの自助の精神は、これからの私たちにも若い人たちにもとても必要な考え方だと思いました。

10年以上前になぎなた部の大学生に読んでもらい感想文を書いてもらいました。

先日出てきたので読み返してみましたが、初めはイヤイヤ読んでいた学生たちも次第にその時代の人たちのどん底から這い上がっていかれた地道な努力と、純粋さに惹かれて読み進めることができたと書いてありました。

そして、何よりも多くのことを「自助論」の中から学ぶことができたと書かれていました。

 

活字離れで、子供だけでなく大人までがスマホやゲーム、YouTubeに時間を奪われ、大切な精神が欠けてきているのだと感じます。

 

電磁波の影響もあり、目の疲れにもつながるスマホは横に置いて、テレビの電源を消して、読書の秋を楽しむのも良いかと思います! 

 

一度、自分の一日はどのように使われているのかを振り返ってみるのも良いかもしれません。

 

私もまだまだやりたい事ができていないなと痛感してますが、焦らずにがんばります。

 

ぶどうや梨、柿と秋の果物が美味しい季節ですが夏に冷房で冷えていると、身体を冷やしてしまいます。

 

夜中のトイレの回数が増えている方は、体が冷えている可能性が高いので、冷たい飲食は控えていきましょう。

 

程々によぉ~く噛んで食べてくださいね!

では、今週も元気でお過ごしください。

 

結婚12年目で授かった可愛い娘さん(3ヶ月)と一緒にお越しくださいました!

産後もお灸を続けているそうです。

 

 

 

電話番号 06-4701-1717
住所 〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13
営業時間 9:00~19:30
定休日 完全予約制

TOP