大阪市住吉区のさくら鍼灸院【頭痛とたばこ、飲酒の関係】

さくら鍼灸院

06-4701-1717

〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13

診療時間 / 9:00~19:30 定休日 / 完全予約制

大阪市住吉区のさくら鍼灸院【頭痛とたばこ、飲酒の関係】

頭痛・肩こり・五十肩,うつ・パニック,院内ブログ

2018/10/05 大阪市住吉区のさくら鍼灸院【頭痛とたばこ、飲酒の関係】

【頭痛がひどいのに、お酒とタバコがやめれない!】

 

 

 

血行が悪くなると頭部への血流が巡りにくくなったり、逆に鬱血してしまったりして、頭痛の原因になってしまいます。

 

運動していた人が急に運動をやめて太ってしまうのも要注意ですね。

 

パニック障害と片頭痛持ちのKさん。

痛みが出るとコンスタンやロキソニンを飲んでしのいでいますが、後頭部の痛みは数年前から症状があります。

 

特に寒くなってくると、足裏や踵、ふくらはぎがとても冷えやすくなり、それが後頭部の頭痛の原因にもなっています。

 

 

散歩やスクワットなどの運動で下半身を鍛えていた時期は頭痛が減っていたそうです。

 

踵や足裏の冷えは、自覚症状がない方も多く、特に男性は気づいてない方が多くいらっしゃいます。

 

体調がおかしいなと感じたら、足やふくらはぎの冷えを確認してみてくださいね!!

もちろん、腰痛の大きな原因の一つです!!!

 

短い靴下に短パン、サンダルで冷房に当たっていた方は特に気をつけてほしいですね~!!

 

お酒もタバコもほどほどに。

写真は可視光線療法。温かさに癒されます。

 

 

 

 

頭痛・上半身の症状

 

電話番号 06-4701-1717
住所 〒558-0033 大阪市住吉区清水丘2-27-13
営業時間 9:00~19:30
定休日 完全予約制

TOP